ベビーグッズ

月齢に合った絵本が毎月届く!クレヨンハウスのブッククラブがおすすめ

こんにちは!中野あくびです。

みなさま、クレヨンハウスの絵本定期便をご存知ですか?

ブッククラブ『絵本の本棚』

これはなんと。なんとですね。
プロの選んだ絵本が毎月1回、郵便で自宅に届くという楽しいサービスなんです!!

我が家も息子が0歳の頃から利用していますが、
自宅で普通に過ごしているだけで、毎月必ず新しい絵本が手に入ってしまいます。

1年間お世話になってきた母親として、今日はこのサービスについて熱く語らせてください。
本当に、本当におすすめですよ!笑

基本の仕組み

申し込み翌月からお届け開始

サイトページからパパッと申し込みができます。
こういった定期購入のコースって、4月開始で固定されているものも多いですよね。
でも、ブッククラブは思い立ったが吉日。どの月からでも始められちゃうんです!
申し込んだ翌月からすぐに絵本が届き始めます。

ポストに投函

届く時期は、きっちり決まっているわけではないようです。
「毎月20日前後」と公式ページには記載されていますが、
我が家は早くて12日。遅い月だと25日着のこともありました。

配送は日本郵便。
基本はポスト投函のようですが、
我が家はいつもピンポンが押され、「ポストに入らなかったので〜」と手渡ししてくださいます。
その場合、サインや印鑑は当然不要です。

あくび
あくび
2018年9月以降、ゆうメールの規格外サイズ取り扱い廃止に伴い、
サイズによっては佐川やクロネコにて届く場合もあるようです。

支払い方法

料金は毎月定額ではなく、届く絵本自体の料金に準じます。

口座から自動引き落しにする方法と、郵便局で年度末3月分までを一括支払いする方法の2通り。
申し込み後、手続きに必要な書類一式が送付されてきます。
自宅用の場合、初回の本に同封。
プレゼント用の場合は、初回の本のお届け完了後、申し込み者に請求書が届くようです。

(実は我が家も、私の両親からのプレゼントです)

好きなコースを選んで申し込み

豊富なラインナップ

コースは全部で26種類。
年齢別のコース、それに加えて”新刊コース”や”英語絵本コース”など、
子どもから大人まで、みんなが楽しめるラインナップ。

絵本って、子どもだけのものではないですもんね。
私も夫も絵本が大好きで、結婚前からお互い結構な量の絵本を所持していました。
大人のための絵本コース、とてもすてき……。いつか自分のために申し込んでみたいものです。

就学前のコースだけでも、こんなに細かく分かれています!
年齢にぴったりな絵本が届くに決まっていますよね。
我が家は現在Bコースです。

届く冊数はまちまち。
1〜2冊の月が多いですが、スリーブに入った4冊セットが届いたこともあります。

年齢別コースは自動で繰り上がり

我が家は0歳時より申し込んでいたため、最初はAコース”あかちゃん”を選択。
1歳になる年の4月、自動的にBコース”1〜2歳”に切り替わりました。
自分で更新手続きをしなくて良いのも楽チン。

手持ちの絵本とのかぶりも防げる

子どもがいると、書店にて絵本を購入する機会も多いですよね。
幼い頃に自分が読んでいたベストセラーの絵本を、我が子にも買い与えてみたり。
すると、手持ちの絵本とのかぶりが心配!という方もいらっしゃると思います。
でもそんな時でも安心!

配本予定一覧を見て、既に持っている絵本があった場合、
事前に連絡することで違う絵本に差し替えてもらうことができるんです。
実際、我が家でも2回ほど差し替えをお願いしています。

配本予定一覧はWeb上でも見られますが、こうした紙のものも毎月同封されてきます。
これを見て「来月届く予定の本持ってる!」となっても、25日までに差し替えの依頼をすれば大丈夫。
メールか電話かFAXで、というところがほんの少し不便ではありますが……。いずれネットからもお願いできるようになればいいなあと思います。

ちなみに私、この一覧の内容を敢えて記憶しないようにしています。
毎月絵本が届いた際、何が出てくるかワクワクしながら開封したいからです。笑

メリット/デメリット

ここまで散々、良いところを熱く語らせていただいてきたのですが、
このサービスにはたった1つだけデメリットがあります。

それは、送料を支払わなければならないこと
本の料金とは別に、毎月の送料が330円ずつかかるんです。
330円×12ヶ月で3,960円。1年間の送料だけで絵本が何冊買えるでしょうか。

このサービスの利点として「プロが選んだ」を重視するならば、
極端な話、ブッククラブのサイトで配本一覧をチェックして、書店で自ら購入することだってできますよね。

そして、このサービスの利点として「自宅に届く」を重視するならば、
極端な話、送料無料のAmazonプライムで注文することだってできますよね。

でも。でもです。
それって、自分で購入したばかりの”物”が手に入るだけです。
全然、楽しくないと思うんです。

私は、このサービスの最大のメリットは

・毎月絵本が届くのを楽しみに待つ気持ち
・何が入っているか、開封する瞬間のワクワク感
・自分では選ばないような絵本が手に入ること

だと考えています。

息子は現在1歳2ヶ月。
今でこそ開封するのは私ですが、
もう少し大きくなったら、届いた絵本の包みを破るのは息子です。

今月はなにかな!と、親子で胸を躍らせつつ覗きこみたいんです。
そこには何にも代え難い経験があると思います。

しかも、絵本の宛先は息子の名前です。
毎月自分に贈り物が届くんです。子どもにとってこんなに嬉しいことがあるでしょうか!

そして最後に、地味ですが大切なポイント。
親や周りの大人の趣味趣向に縛られない、違う視点から選ばれた物を与えられること。
これは絵本に限らず何事においてもそうですよね。
育児にはなるべく、多種作用な物の見方を取り入れたいというのが方針です。

まとめ

とにかく大満足の内容です。
もちろんこのサービス以外にも、書店に行って結構な量の絵本を購入しているのですが、
それでも!ブッククラブを利用していてよかったと心から思います。


2017年10月から始めて、2018年9月分まで届きました。
自身で購入した絵本を除いても、ブックハウスの絵本だけでこんなに充実しています。

成長とともに少しずつ豊かになっていく本棚。
孫へのプレゼントとして申し込んでくれた両親には感謝していますし、
そうでなくてもきっと自分で申し込んでいました。

息子は0歳の頃から既に絵本が大好き。
毎日何十回と読み聞かせをせがまれますし、1人でじっくり黙読していることもあります。
最近では音読も得意です。「ギグギグギグ!」と赤ちゃん語で声高く読み上げる姿、かわいくてたまりません。
いつも読んであげている私や夫の真似をしているのでしょう。なんていとしい。

「まだ小さくて絵本なんてわからないだろうし……」
「自分で買えるし……」
そんなふうに考えている方にこそおすすめしたいです。
かわいいお子さんに、お孫さんに、
ぜひ絵本の定期購読をプレゼントしてあげてください。

植物がぐんぐん水を吸うように、まっさらな心でたくさんの絵本を読んでほしい。
定期購読を通じて、我が子が成長していく様子をこれからも見守っていけるのが楽しみです。