子育て

子育てブログをはじめたきっかけは、夫の発達障害でした。

こんにちは!中野あくびです。
今日から子育てブログを始めることにしました。
長文を書くのは久しぶりで、かなり緊張しています。

タイトルにもある通り、開始を決めた一番のきっかけは夫でした。
初めての記事なので、始めた理由をざっと書いておこうと思います。
長くなりますが、お付き合いいただけたら嬉しいです。

夫はアスペルガーグレーゾーン

夫、ズンさんは発達障害と診断されており、
おそらくグレーゾーン(軽度)の自閉症スペクトラム障害アスペルガー症候群)です。

夫婦で時間をかけて知能テストとカウンセリングを受け、その結果先生から言われたのは
類型に入らない特異な知能指数の発達障害」であるということ。

あくび
あくび
特異な知能指数の発達障害?なにそれ?
ズンさん
ズンさん
うん、僕にもわからん

明確にアスペルガーであるとは言われませんでしたが、調べれば調べるほどその特徴にはまるのです。
なので夫婦の間ではもう、彼は軽度のアスペルガーだと見て生活しています。
なぜって?だってその方が二人ともラクだから!笑
対策方法を調べたり人に説明したりするのに、いちいち「類型に入らない特異な〜」なんてやってられません。
そう、そして主にこの「対策方法を調べたり」がネックなんです。

調べても、必要と思える情報が出てこない

まずスマホで検索

今はほとんどの人がスマホを持っていて、移動中でもベッドの中でも、思い立ったらすぐ検索することができますよね。
私も例に漏れず、息子も夫も寝た後の寝室で息をひそめながら、トイレに座りながら、日中リビングで息子に授乳しながらスマホをいじりました。
夫とうまくいかずに心の余裕がなく、涙を流しながらのことも多くありました。
特に子育て中は時間も細切れです。Webで情報を得られるならそうしたかった。
弱っている気持ちを支えてくれるような、ドライな情報や明るい体験談が読みたかったんです。

ネットには暗い体験談ばかり

同じ立場の方の体験談を読むために「夫 アスペルガー」「夫 発達障害 子育て」等、考えうる限りのワードを打ち込み検索しました。

すると、それで出てくるのは「離婚したい」「離婚した」「もう無理」「つらい」「嫌気がさした」「ストレス」「やっていける気がしない」などなど……。とにかく暗いのです。

状況は痛いほど分かります。だからこそ見ていちゃダメだと思いました。分かりすぎてしまうからです。
弱っている時に暗い体験談を読むと、どうしても気持ちが引っ張られてしまいます。
「やっぱり夫とやっていくのは無理なんじゃないか」「息子を立派に育てられるんだろうか」
そんな考えに及んでしまうのはつらかったです。そして私はWebで検索するのをやめました。

具体的な解決策を知るために私がやったこと

発達障害と診断されたからって、前日までと何か違うわけじゃありません。ただただ、その人の特徴に名前がついただけです。
私はそこを一番に考えたかった。夫の発達障害と付き合っていく方法を知りたかったし、楽しくやっている家族の情報を見て参考にしたかったし、安心したかった。

でも、Web上にはそれがないんです。

だから私は一念発起して、発達障害に関する本をたくさん読みました。発達障害について知り、夫の特性について可能な限り理解し、どう対応すればいいのか考えました。
そして夫と何度も何度も話し合い、喧嘩し、泣き、和解することを繰り返しました。

しんどい作業でした。おそらくこれからも繰り返すだろうと思います。
それでいいんです。繰り返すことで見えてくるものの方が圧倒的に多いんです。
そのたび夫婦関係は強固になるし、生活スタイルや子育ての方法も少しずつ確率されてきています。

ないなら発信すればいい

ドライで明るい内容をWeb上に届けたい

弱っていた私がまずネットで検索したように、きっと祈りながらスマホを握りしめる人たちがたくさんいると思います。
夫との生活スタイルや、我が家ならではの子育て方法など、
希望の持てる情報がWeb上にないなら自分が発信すればいい。そう思って、このブログの開設を決めました。
これからはここ『あくびログ』にて、日々の様子を赤裸々につづっていきます。もちろん喧嘩のことなんかも。笑

現在1歳の息子に遺伝するかどうかだって、まだまだ全然分からないんです。
もしそうなったらどう対応していくか、私たち夫婦の腕の見せ所だと思っています。

リアルな情報を発信して、ここにたどり着いてくださった皆様のお役に立てるようがんばります。

あくび
あくび
よろしくお願いします!