子育て

【1歳2ヶ月】専業主婦とフリーランス夫。子どもとの1日の過ごし方

こんにちは!中野あくびです。

子どもとの時間の過ごし方、本当に試行錯誤の毎日ですよね。
家庭の数だけ子育てがあるとはいえ、他のご家庭の様子も気になるもの……。

私自身、参考にしようと検索した回数は数知れず。
ですが、朝早くから活動的なママさんのお話を見るたび、すごい!無理!とあきらめてばかりです。
朝に弱く、午前中は眠くて眠くて動けません。

そして夫はフリーランス。
息子のことが大好きで、朝も夜も子どもと関わる時間を取っています。
勤め人ではないため融通が利きやすく、子育て参加率はおそらく高めです。

今日はそんな我が家の1日のスケジュールを書いていこうと思います。
私のぐうたら具合ときたら相当なものですので、ぜひ心してお読みくださいね!笑

中野家メンバー紹介

夫ズン:フリーランスの個人事業主

夫は6歳上の32歳ですが、これまで会社勤めはしたことがないという強者。
発達障害が判明している今なら頷けます。組織に勤めるの、明らかに向いていないと思います。個人事業主になれてよかったよ〜!

子どもが0歳のある時期までは、自宅の一室にて仕事をしていた夫。
泣き声もろもろにより集中できなくなり、最近では自宅そばの仕事部屋に毎日”出勤”して行きます。

・フリーランス
・自宅近くの仕事部屋に毎日”出勤”
・打ち合わせや作業等の外出もあり
・基本は9時18時と決めている
・基本は土日休みと決めている
・〆切次第で例外多々あり
・持ち帰り仕事多々あり
・真夜中のSkype打ち合わせ等多々あり

妻あくび:専業主婦

妊娠とともに退職し、それ以来ずっと専業主婦です。
今のところ再就職の予定はありません。

同じく専業主婦の母に育てられ、自分も子どもができたらずっと一緒に過ごしたいと思っていました。
念願叶いつつ、一方で日中の過ごし方には手詰まり感を覚えることも。
根が引きこもりでお布団大好き、用事がなければ外に出たくない気質ですが、最近の息子は家にいてもつまらなさそう。もっと外に出なければと思うものの、なかなか実現できません。

第2子の時期は決まっていませんが、家計のためにいずれはパートに出ることを考えています。

・寝るのが大好き
・学生の頃は1日14時間寝られた
・夜ふかし大好き
・息子就寝後の1人時間が癒し
・午前中は死ぬほど眠い

息子チッチ:ショートスリーパー

2017年6月生まれ、現在1歳2ヶ月の甘えんぼう男児です。
ごはんもおっぱいも大好き。同年代には興味がなくて、大人のお姉さんにアピールしがち。
全然寝てくれません。出かけて疲れさせた日ほど寝ません。

・夜間断乳済み
・夜中はランダムで1〜5回起きる
・1日中家にいた日の方がよく寝る
・3食がっつり
・日中の授乳は10回超えの日も
・外出していればおっぱい欲しがらず
・夜寝ないが日中も寝ない
・寝ない
・とにかく寝ない

1日のスケジュール

まずは下の画像を見てください。
ドドン!これが我が家の基本的なスケジュールです!
お昼寝の時間なんかは日によってまちまちですが、一応こんな感じということで……。

午前

6:00 起床

息子が泣いて起き、それとともに夫も起きます。
早い日は4:30頃に起きてしまって絶望することも。
夫、まずは離乳食の準備。冷ましつつ大人の朝ごはんも準備。
私はまだベッドでごろごろしています。

7:00 離乳食

夫があげます。
1回の食事は15〜30分。朝は割とよく食べることが多いです。
私はまだごろごろしています。

8:00 朝食

8:30 朝食片付け等

夫が食器を洗い、その間私が息子と遊びます。

9:00 夫出勤

夫が出勤して行ってからは、ジョイントマットの上に横たわって怠惰に過ごします。
息子は甘え、おもちゃで遊び、絵本を読み、勝手に服をまくっておっぱいタイム。
その様子を見た夫や両親からは「トド」「豚の親子の授乳」と称されています。わかる。

11:00〜12:30 お昼寝

寝るのがあまり上手でない息子は、お昼寝は必ずおっぱいをくわえながらでないと入眠できません。
そのまま私も寝てしまい、1時間以上吸われっぱなしなことも多いです。

午後

12:30 離乳食/昼食

お昼はあまり食が進まない息子。
遊び食べしてしまい、40分かけてようやく完食なんてこともザラ。午前中におっぱいを飲み過ぎなんだと思います……。
離乳食をあげながら、自分もそうめんやフルグラで簡単に昼食を済ませることが多め。

13:00 洗濯/掃除

16:30 夕食準備

息子の様子を見つつ夕食準備をします。まりえさんのレシピ本に頼りまくり。
手早く作れて、しかもおいしい。書籍タイトルに「忙しい人専用」と入っているのもうなずけます。
レンチン料理に対する見方が180度変わりました。子持ち主婦の救世主!

18:30 夫帰宅/離乳食/夕食

帰宅した夫に離乳食をあげてもらいつつ、夕食の盛り付けと配膳。
あげつつ食べることもあれば、あげ終えてからゆっくり食事にすることも。

19:30 夕食片付け

20:00 怒涛の息子シャワー/寝かしつけ

ここからの息子関連は主に夫の役目です。夏なので我が家は全員シャワー。
上がったら2人で協力してアトピー肌に3種類の薬を塗り込み、着せ、お茶を飲ませ、ヒップシートで夫がゆらゆら揺らして眠りに誘います。
1日の中でここが一番せわしないかもしれません。

21:30 息子就寝

22:30 夫就寝

26:30 私就寝

早く寝ねばと思っているのについつい夜更かししてしまう……。
これは子持ち専業主婦あるあるだと信じたい!
日中に消化不良だった何かの気持ちを、きっと夜に発散しているのではと思うんですよね。
無駄にスマホを見てしまったり、何度も読んだ漫画を読み返してしまったり。
その間にも息子は何度か起きますが、腰を痛めているため夜泣き対応は夫が引き受けてくれています。

まとめ

平日はだいたいこのようなスケジュールで毎日過ごしています。
どこにも行かない日が3〜4日、軽く出かける日が1〜2日といったところでしょうか。
本当にぐうたらですが、週末は3人で遊びに出かけることがほとんど!

フリーランス、やはり育児との相性は良いです。
家事の進み具合によって出勤を遅らせたり、私の体調が悪い日は半休にしてもらったり。
育児も半分こ、家事も半分こ。担ってもらえていることによる安心感は非常に大きいです。

何よりも、息子の成長を毎日共有できることの喜び。
夫と毎日笑って過ごせているからこそ、日中息子と2人きりでも心が平穏なのだと思います。

今後は息子の外の世界への興味も広がる一方。
さすがにここまで引きこもっているわけにもいかないはずですが、
状況に応じてきっとなんとかできると信じています。
1歳2ヶ月、ここからもがんばるぞ!